Top >  にきびの場所別治療法 >  口の周りのにきびの原因

口の周りのにきびの原因

・口の周りのにきびの原因
 口の周りのにきび(ニキビ)は、経験のある人ならわかると思いますが、「治った」と思っても、またできたりと、結構頑固です。

口の周りにできるにきび(ニキビ)は、洗顔の洗い残しのほかに、食生活のバランスが原因だといわれています。

油分の多いものや、糖質脂質、炭水化物などのかたよった食事によりできやすいにきび(ニキビ)だといわれています。

食事のバランスが偏ってしまうと、治ったと思っても、またでてきてしまうのです。

また、口元というのは、男性ホルモンの増殖の影響だというのもあります。

排卵後など、男性ホルモンに似た黄体ホルモンの増殖などで、口の周りににきび(ニキビ)ができてしまう、という場合があります。

 口の周りは、ついつい手で触ってしやすい部分であるといえます。

口の周りを触ることで、にきび(ニキビ)まで触ってしまい、細菌をにきび(ニキビ)につけることになってしまいます。


・口の周りのにきびの治療法

口の周りのにきび(ニキビ)の治療法としては、洗顔などをちゃんとして清潔にするのはもちろんのこと、洗顔料を残さないように洗い流すようにしましょう。

にきび(ニキビ)をごしごし洗うのではなく、優しく洗うようにします。

また、食生活が大きく影響しますので、食事のバランスに気をつけて、炭水化物、油分、糖質、脂質などをとりすぎないようにしましょう。

口の周りを触る癖のある人は、触らないように気をつけましょう。にきび(ニキビ)に細菌を付着させないための予防となります。

無意識に口の周りを触ることで、にきび(ニキビ)を悪化させてしまうのです。

口の周りを触らないだけで、にきび(ニキビ)の悪化を防ぐことができるのです。

優しく顔を洗うのは当然なのですが、あまりにもにきび(ニキビ)がひどい場合は、洗顔料を控えることも有効になります。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

にきびの場所別治療法

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム