Top >  にきびの基礎知識 >  にきびができるまで

にきびができるまで

・にきびができるまで
 にきび(ニキビ)は、どのような経路でできるのでしょうか?

「肌の新陳代謝が悪いから」という簡単な理由はわかっていても、詳しい経路は知らない人がほとんどだと思います。にきび(ニキビ)のできるまでを見ていきましょう。


1.毛穴の角質が厚くなります
 毛穴の出口というのは、非常に狭くなっています。狭い毛穴の角質が厚くなってしまい、毛穴の出口をふさいでしまうのです。毛穴がふさがれてしまうと出口がなくなってしまうため、皮脂がたまった状態になり詰まってしまいます。


2.コメドができます   
コメドというのは、毛穴の出口がふさがれて皮脂がつまった状態をいいます。コメドはオープンコメドクローズコメドに分類することができ、オープンコメドというのは、見た目でもわかる黒く点々としているのが特徴で、黒にきびと呼ばれる場合もあります。
クローズコメドというのは、炎症が悪化しやすいといわれています。見た目では確認することができず、触ると固い感触がある状態のクローズコメドは、さらに悪化した状態のクローズコメドになります。


3.炎症が発生します
 毛穴の出口がふさがれてしまい、つまった皮脂に、アクネ菌が発生してしまい、アクネ菌が増殖してしまった状態が、炎症をおこした状態になります。炎症をおこすことで、赤くなるので、赤にきびと呼ばれるのです


4.炎症が悪化し、膿んでしまう
 炎症を抑えようとして、白血球の一部がアクネ菌に対抗する働きが動きだします。動き出した白血球とアクネ菌がぶつかることにより、膿ができてしまいます。この状態を炎症性にきびと呼びます。


5.炎症が広がります   
 白血球の一部と、アクネ菌がぶつかることによって、毛穴の壁が段々壊れてしまうことがあり、毛穴の付近に痛みをともなう炎症につながっていきます。
痛みをともなうにきび(ニキビ)は熱をおびて、触ると固い感触になります。この状態を硬結にきびと呼びます。
硬結にきび(ニキビ)の状態は、経験がある人も多いと思います。
 

6.炎症が鎮まって痕になります
炎症が鎮まって痕になるのですが、にきび(ニキビ)の痕の残り方は、悪化状況で変わることになります。
膿んだ状態まで悪化してしまうと、痕が残ってしまう場合が多いといわれています。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

にきびの基礎知識

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム