Top >  にきびの原因 >  ストレスと生活習慣2

ストレスと生活習慣2

・食生活
にきび(ニキビ)の原因の一つとして、脂質、糖質、炭水化物のとりすぎ、というのがあります。

過剰な脂質、糖質、炭水化物の摂取は、にきび(ニキビ)の直接の原因と言える、皮脂の分泌量を増やす結果になります。

皮脂の分泌量が増えると、にきび(ニキビ)につながってきてしまいます。
  
では、にきび(ニキビ)によい食べ物はあるのでしょうか。

にきび(ニキビ)によいとされる食べ物には、ビタミンA類、B2・B6類、C類などがあります。

ビタミンAは、ホルモンの分泌量が大きく影響するといわれている、あごなどのにきび(ニキビ)に効果があります。

にきび(ニキビ)に対して、特に効果のあるものとしてはビタミンBがります。

ビタミンB6は、皮脂の分泌量をコントロールすることができ、ビタミンB2は、過剰に摂取しすぎると、皮脂の分泌をうながしてしまう脂質を抑えル効果があります。

ビタミンBをとることで、この2つの力が働く、ということになります。

みなさんも、よく知っているビタミンCは、肌の再生を助ける効果があります。

・体質改善
にきび(ニキビ)ができやすい体質というのは、血液に関係があるようです。

血液の循環が悪いと、酸素を充分に送ることができないほか、食べ物などの栄養を吸収する力が低下してしまいます。

栄養を吸収する力が低下してしまうと、肌の皮脂の分泌にも影響がでてしまい、にきび(ニキビ)の原因へとつながっていくのです。
  
また、冷え性なども血液の循環に関係していえることだと思います。

血液の循環を悪くしてしまうタバコなども、にきび(ニキビ)の原因につながってくるといえます。
  
胃腸の働きの低下が肌に影響する、という話も、よく聞く話だと思います。

血液と同じように体の中に負担があると、皮脂分泌に影響がでてしまい、肌の新陳代謝が崩れてしまうのです。
  
にきび(ニキビ)と血液の循環が密接な関係を持つ、ということがわかってきたと思います。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

にきびの原因

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム