Top >  にきびの種類別治療法 >  思春期のにきび

思春期のにきび

・思春期のにきびについて
思春期のにきびは、顔にちらばった形ででき、スキンケアや化粧品の影響を大きく受けることが特徴とされています。

脂っぽい肌の人にできやすいとされ、季節的には、春から夏にかけてが多いようです。

・思春期のにきびの対策
思春期のにきびも、肌を清潔に保つことは重要になってきます。

その手段として洗顔があるわけですが、清潔に保つ、という事は単に「洗顔の回数を増やす」ということではありません。

洗顔を必要以上に増やしてしまうと、肌に必要な水分や皮脂まで失ってしまうことにつながってしまいます。

多くても2~3回が洗顔の回数としては、適当だといわれています。

洗顔の仕方も、ごしごし肌をこするのではなく、優しく刺激しないように洗うようにしましょう。

思春期のにきび(ニキビ)は、10代~20代前半に多いと言われ、特にスキンケアを重点的に行わなければいけない時期ともいえます。

しかし、たんにスキンケアと言っても、気をつけなくてはいけないことがあります。

乳液やクリームなどは、乾燥して肌がかさかさしている場合以外は、なるべく控えるのが望ましいといえます。

保湿する場合は、化粧水や、ノンオイルジェルなどで保湿するようにしましょう。

また、お化粧なども、厚くファンデーションなどを塗ってしまうと、にきび(ニキビ)の悪化につながってきますので、控えるようにするのが望ましいといえます。
 
思春期は、食べ盛りでもあるといえます。

食べ盛りですが、なるべく、糖質、脂質は控えるようにしましょう。

油分の多い食生活は、肌によい影響は与えないといえるからです。

余計な油分は、肌の新陳代謝を崩してしまい、にきび(ニキビ)悪化の原因とつながっていきます。

せっかく洗顔などで、肌を綺麗にしていても、食生活で肌に悪影響を与えてしまうと、にきび(ニキビ)ができる結果になってしまいます。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

にきびの種類別治療法

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム