Top >  にきびの種類別治療法 >  白いにきび

白いにきび

・白いにきびについて 
白いにきびは、白にきび(ニキビ)閉鎖面皰といわれ、毛穴が詰まってしまい、皮脂が外にでることができない状態のまま、盛り上がり、見た目に、白く点になって見える状態をいいます。

にきび(ニキビ)は、炎症は起こしていない状態のことをいいます。

「肌が少し脂っぽいな」と感じたら洗顔するサインだと考えてください。

にきび(ニキビ)はまだ炎症をおこしていませんので、刺激しないようにするのが大切です。

洗顔時や入浴時なども注意が必要です。

髪の毛が当たる場合もありますので、注意しましょう。

・白いにきびの対策
糖質や、脂質やたんぱく質のとりすぎは、にきび(ニキビ)悪化につながります。

便秘やストレスなども、にきび(ニキビ)の悪化につながるので、白にきび(ニキビ)を悪化させないためにも、規則正しい生活を送ることが大切になってきます。
 
にきび(ニキビ)は、にきび(ニキビ)の段階では初期症状だといえます。これ以上、にきび(ニキビ)を悪化させないためにも、ケアやバランスのいい生活を送ることで、毛穴のつまりを改善し、体の中から綺麗になることが必要となってきます。


・白いにきびの治療法
 白にきび(ニキビ)を炎症させると赤く腫れてしまいますので、炎症を起こさないように、にきび(ニキビ)が治るのを待つことが必要になります。

にきび(ニキビ)を刺激しないように、気になっても触らないようにしましょう。

触ることで細菌を運んでしまい、白にきび(ニキビ)を悪化させてしまいます。

にきび(ニキビ)を悪化させないように、ついつい触りやすい部分にある場合には、触る癖を治すようにすることが望ましいといえます。

便秘などが原因となっている場合もあるので、適度な運動や食生活の改善などをして便秘を解消するようにしましょう。

便秘は肌に悪い影響を与えるとされています。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

にきびの種類別治療法

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム