Top >  にきびの種類別治療法 >  黄色いにきび

黄色いにきび

・黄色にきびについて
黄色にきび(ニキビ)は、膿疱性(のうほうせい)にきび(ニキビ)とも呼ばれ、赤くて化膿がひどく、膿疱が数多くみられるのが特徴で、赤みがとても強くなっています。

どうして赤いにきび(ニキビ)なのに黄色いにきび(ニキビ)と呼ばれるかというと、周辺は赤いのに、膿が黄色いために「黄色いにきび(ニキビ)」と呼ばれるのです。

でやすい場所としては、あご、頬、髪の毛の生え際などにでることが多いようです。 
 
肌と強く関係のある便秘がひどかったり、にきび(ニキビ)痕が多くなったりという特徴もあります。

白いにきび(ニキビ)や赤いにきび(ニキビ)が悪化すると、赤く腫れ上がって痛み、そのうえに黄色いにきび(ニキビ)になります。

黄色いにきび(ニキビ)ができやすい人は、もともと体に熱がこもりやすく、暑がりで、夏になると症状が悪化する傾向があります。

こういった体質に、肉や油分の多いものの食べ過ぎ、便秘などが加わると、さらに体の中に熱かこもって、にきび(ニキビ)体質が悪化しがちです。

黄色いにきび(ニキビ)は、大きくて目立つうえ、治っても跡が残りやすくなってしまいます。

黄色いにきび(ニキビ)は悪化して化膿がひどい場合は、専門家の治療が必要になってきます。

・黄色いにきびの原因
黄色いにきび(ニキビ)の主な原因は、ホルモンのアンバランスやストレス、食事の影響などが考えられます。

また、化粧品の影響も大きいのです。

化粧品に含まれている油分が毛穴をふさいで皮脂がでる場所を失ってしまうのです。

ただし、油分を洗い流すために、洗浄力の強い洗顔料を使うとかえって皮膚にダメージを与えてしまいます。


・黄色いにきびの対策
黄色いにきび(ニキビ)などには、まず日常生活の改善が必要になってきます。

睡眠をたっぷりとり、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
規則正しい生活は肌を助けることにもなります。

また、黄色いにきび(ニキビ)の特徴の一つである、便秘が激しい場合は、水分などをたくさんとるようにして、適度な運動もするようにしましょう。

便秘は、肌によい影響はあたえません。

食生活のバランスで便秘が解消される場合もあります。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

にきびの種類別治療法

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム