Top >  にきびの種類別治療法 >  紫にきび

紫にきび

・紫にきびとは 
紫ごりごりにきび(ニキビ)とも呼ばれるもので、正式には結節性にきび(ニキビ)といい、シコリ状態のにきび(ニキビ)で、痛みはなく、赤黒く大きめのもので、ふっくらと盛り上がっているにきび(ニキビ)です。

潰すと黒い血と膿が混ざったものが大量に出ます。
 
また、ごりごりにきび(ニキビ)と言われるだけあって、にきび(ニキビ)に触れると、ゴリゴリとした感触があります。

・紫にきびの原因 
紫にきび(ニキビ)の原因は、便秘や食生活の乱れ、ストレス、紫外線、睡眠不足、生理不順などの要因が絡み合っていることが多いと言われていますが、その真意は明らかになっていません。
 
また、血のめぐりがよくない人や、老廃物が溜まった人に出やすいといわれています。


・紫にきびの治療と対策 
紫にきび(ニキビ)は、血のめぐりが悪かったり、老廃物がたまっている場合によくおこるため、「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」などの血のめぐりをよくする薬と、「星火温胆湯(せいかうんたんとう)」のように、痰や脂肪などの老廃物を体外に追い出す薬を一緒に服用すると効果的だと言われています。

ストレスによって紫にきび(ニキビ)が悪化する傾向にある人は、加味逍遙散(かみしょうようさん)などを併用したり、患部の状態によっては、五行草(ごぎょうそう)板藍根(ばんらんこん)白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)を併用したりすることもあるようです。
 
にきび(ニキビ)の状態が落ち着いている人は、沙棘油(商品名:紅沙棘ほんさーじ)、情緒不安定の人は、シベリア人参を併用すると、さらに効果的だと言われています。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

にきびの種類別治療法

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム