Top >  にきびの原因 >  生理とホルモンバランス

生理とホルモンバランス

・ホルモンバランスとにきびの関係
ホルモンバランスとにきび(ニキビ)は大きな関わりがあります。

通常、皮膚では皮膚を保護する目的で必要な皮脂が分泌されています。

ホルモンバランスは、皮脂の分泌量をコントロールする働きがあるのです。

にきび(ニキビ)と大きく関係のあるホルモンは、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンと、黄体ホルモンという女性ホルモンになります。


・生理とにきび
生理前になると、急ににきび(ニキビ)がでてきたり、または、にきび(ニキビ)の数が増えたり、にきび(ニキビ)が悪化したりする女性の人は多いのはないでしょうか。

生理前ににきび(ニキビ)ができたり、増えたり、悪化したりする原因も、ホルモンバランスの影響によって、皮脂の分泌量が増えることにあります。

排卵後は、黄体ホルモンという、アンドロゲンという男性ホルモンと似た働きがあるホルモンの分泌が活発になり、分泌量が増えるのです。

生理前ににきび(ニキビ)が増えたり、できたり、悪化したり、あるいは、体調を崩してしまったりといった現象は、この黄体ホルモンの活発化によるものだとされています。

・ホルモンとストレスの関係
近年、ストレスが影響してにきび(ニキビ)ができてしまう、ということがよくあるようです。

睡眠不足や食生活のバランスなど、生活習慣の変化が、体や肌にも影響し、ストレスを与えているのです。

ストレスがにきび(ニキビ)の原因になっているということは、にきび(ニキビ)とストレスは関係が深いものだというころがいえます。

思春期に限らず、生活習慣のバランスが影響するストレスで男性ホルモンの分泌が増えるといわれています。

男性ホルモンの分泌が増えるということは、にきび(ニキビ)の原因である皮脂の分泌の量が増えている、ということになります。

また、にきび(ニキビ)を触ったことによる、にきび(ニキビ)の悪化もストレスがたまっている場合、よくあるようです。にきび(ニキビ)は触ったりすると、手についている細菌などがつきやくなるため、にきび(ニキビ)が悪化してしまう、ということになるのです。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

にきびの原因

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム