Top >  病院でのにきび治療 >  産婦人科でのにきび治療

産婦人科でのにきび治療

にきび(ニキビ)の原因にはホルモンのバランスの崩れが原因となる場合もあります。

ホルモンのバランスが崩れてしまったら、産婦人科にいくのも方法の一つとなります。

ホルモンバランスが崩れると、体調にまで変化がでてきてしまいます。

ホルモンについては、産婦人科で計ってもらったりすることができるので、ホルモンバランスがおかしいと思ったら産婦人科に行くのが望ましいと思います。

ホルモン療法は生理不順の治療に有効ですが、にきび(ニキビ)の治療にも使用されるのをご存知でしょうか?

生理前ににきび(ニキビ)がひどくなる人も多くいると思います。

それはホルモンの分泌が関係している証拠でもあるのです。

生理前になると体調が悪くなり、にきび(ニキビ)が増える、などといった症状もホルモンバランスの影響が関係しています。
 
にきび(ニキビ)の原因は、男性ホルモン(テストステロン)の皮脂の分泌の活発化などが原因で起こります。

女性なのに、男性ホルモン?と思う人もいるでしょう。

女性でも卵巣や副腎から微量の男性ホルモンが分泌されています。


にきび(ニキビ)を治すには食生活のバランス、皮膚を清潔にし、スキンケアを欠かすことはできませんが、にきび(ニキビ)治療に使用される抗生物質の長期間使用により、感染症に効かない耐性菌の出現や、カンヂダなどのかびが発生することがあります。

二次感染を伴った化膿性のにきび(ニキビ)の場合に限り、抗生物質の併用は必要だという声もあるようですが、病院によっては女性ホルモンだけの治療をおこなうところが多いようです。

また、ピルを服用したことによって、にきび(ニキビ)が改善していく場合もありますが、悪化する場合も少なくないようで、病院によっては、ピルを治療には使用していないところもあるのが現状のようです。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

病院でのにきび治療

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム