Top >  病院でのにきび治療 >  東洋医学

東洋医学

にきび(ニキビ)の治療・対策は西洋医学だけではなく漢方などの東洋医学をもちいても盛んに行なわれています。
 
・漢方薬
【当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)】
ホルモンバランス調整効果があり、月経不順や更年期障害の治療で最も広くわれている漢方薬です。

血液をサラサラにする効果もあります。
   
効果のある症状は、疲れやすく、冷え性・肩こりがある、生理前に、にきび(ニキビ)が悪化しやすい、生理不順ぎみである、「アダルトにきび(ニキビ)」がフェイスラインに、にきび(ニキビ)ができやすいなどがあります。
  

【桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)】
血液の流れが停滞し、古い血液が溜まることで起きる症状を改善します。
   
効果のある症状は、疲れやすく、冷え性・肩こりがある、生理前に、にきび(ニキビ)が悪化しやすい、生理不順ぎみである、アダルトにきび(ニキビ)」がフェイスラインに、にきび(ニキビ)ができやすいなどがあります。
  

【清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)】
熱・炎症を持ったにきび(ニキビ)を鎮める効果を持っています。赤にきび(ニキビ)が多い人に有効です。
   
効果のある症状は、疲れやすく、冷え性・肩こりがある、生理前に、にきび(ニキビ)が悪化しやすい、生理不順ぎみである、アダルトにきび(ニキビ)」がフェイスラインに、にきび(ニキビ)ができやすいなどがあります。
  
にきび(ニキビ)の種類ごとに漢方薬を見ていくと、白いにきび(ニキビ)は、宣肺清熱(せんぱいせいねつ)(宣の肺は解熱する、という意味です)、赤いにきび(ニキビ)は、清熱化湿涼血解毒(せいねつかしつりょうけつげどく)(解熱化は血を冷やして解毒を濡らす、という意味です)、黄色いにきび(ニキビ)は、清熱涼血解毒消結(せいねつりょうけつげどくしょうけつ)(解熱は血解毒が結び目を消失することを冷やす、という意味です)、紫のにきび(ニキビ)(潰すと中から黒い血や膿が出るにきび(ニキビ))には、活血涼血化痰散結(かっけつりょうけつけたんさんけつ)(血が血去痰を冷やして半端に結び目を生ける、と意味です)の、漢方薬があてはまります。

・つぼ
つぼに関しては個人差があるようですが、にきび(ニキビ)にきくとされるつぼはあるようです。
  
にきび(ニキビ)の痕などが残ってしまう悪化したにきび(ニキビ)には、足つぼが効果的だといわれています。

大人ニキビ1週間撃退プログラム↓

美容

大人ニキビトライアルが、365日返金保障!↓

化粧品


思春期ニキビにはニュープロアクティブ↓

病院でのにきび治療

このカテゴリーでは以下の事について解説させて頂きます。



当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム