« 2007年04月30日 | Top

最新記事【2007年05月01日】

現在のにきび(ニキビ)治療は、病院や東洋医学だけでなくさまざまな方法があるようです。

にきび(ニキビ)治療において、美顔器を使用した治療方法もあるようです。

にきび(ニキビ)専用の美顔器もあります。

最大の特徴は、にきび(ニキビ)の炎症を抑えることにあり、白にきび(ニキビ)から赤にきび(ニキビ)になるのを防ぐことができます。
 
光線などを使って、にきび(ニキビ)の悪化となる炎症を抑え、にきび(ニキビ)の患部深くに浸透することによって、にきび(ニキビ)の悪化の原因となる菌を破壊し、にきび(ニキビ)の症状にあわせた予防と治療ができるようです。
 
美顔器を使用するとともに、正しい洗顔と、肌にあった洗顔料などで、ケアをすることで、にきび(ニキビ)予防や治療ができるとされています。

また、心身ともに落ち着くとされているアロマテラピーもにきび(ニキビ)治療に効果があるとされており、殺菌消毒作用のあるラベンダー、ティートリーなどの精油を綿棒で直接にきび(ニキビ)にあてる、方法があるようです。

アロマテラピーを使用するとともに、バランスのとれた食事をすることを心がけ、糖質、脂質、炭水化物や刺激の多い食事は避けるようにします。

水分をたくさん摂取することも望ましいとされています。

適度な運動や皮膚を清潔にすることなどや、カモミールローマン、プチグレー、ラベンダー、没薬、ティートリー、乳香、ジュニパーなどを使った精油でフェイシャルスチームをします。

またカモミールローマン、シダーウッド、ゼラニウム、ベルガモット、ラベンダー、乳香などを稀釈してやさしくマッサージを行います。

また入浴時には、カモミールローマン、サイプレス、サンダルウッド、ジュニパー、ゼラニウム、タイム、ネロリ、バーベナ、パルマローザ、ベルガモット、ラベンダー、ティートリー、カユプテ、プチグレンを精油として使用します。

体の老廃物を落とすことができ、有効な方法のようです。

にきび治療web 思春期~大人のニキビ 原因と治し方

にきび治療webでは、思春期から大人のにきび、体の場所別・種類別にきびの原因と対策・治療法を解説いたします。是非、参考にしてください。


にきびの原因

にきびの予防と対策

にきびの場所別治療法

にきびの種類別治療法

病院でのにきび治療

にきびの基礎知識

肌の基礎知識

にきび治療その他

お役立ちリンク集


当サイトへのご意見・ご感想、相互リンクのご依頼等は以下のリンクよりお願い致します。 相互リンク募集中です!
お問い合わせフォーム